それでも世界が続くなら official web site

 それでも世界が続くなら活動休止のお知らせ

それでも世界が続くならは、2024年3月20日開催のONE-MAN TOUR「生前葬」ファイナル・東京公演を以て、活動を一時休止させて頂きます。

昨年デビュー10周年に独立し、精力的に活動を行なってきましたが、昨年12月の琢磨の突発性難聴の発症、同年12月から続く只野の精神的不調を鑑み、2月25日開催の大阪「生前葬」ワンマン公演、また3月20日開催の「生前葬」ファイナル公演の2公演以降、メンバーの心身の回復の為、活動を休止させて頂きます。

但し、休止期間は無期限ではなく、約半年後、2024年夏頃の活動再開を目標とさせて頂きます。
体調不良という理由を考慮すれば、目標期間を設定するべきではないかもしれませんが、皆さんに出来るだけご心配をおかけしない事を願うメンバーの希望と、またメンバー全員が全員での活動の継続を希望していることを踏まえ、活動再開の目標を共有させて頂ければ幸いです。

また、休止期間中、5月31日に地元・千葉で開催予定の『それでも世界が続くならpresents 能登半島地震チャリティーライブ「LIVE FOR NOTO」』公演のみ予定通り開催し、微力ではありますが被災者の方々への支援と共に、この日を“1日復活の場”とさせて頂き、5月31日公演を以て、以降の活動継続が可能かどうか、判断させて頂ければと思っています。

メンバーの体調に関しましては、ドラム只野は独立/レーベル設立に大きく貢献していた疲労と責任感による演奏への不安が強く、ベース琢磨の聴力は回復して来ているものの音程が認識できない中で演奏しているという状況です。

5月31日の地元千葉公演に関しましては、能登半島地震のチャリティーイベントという側面から、リハビリと休止中のメンバーの様子を実際に確認する意味も含め、他アーティストの方々にお力をお借りして3組での開催を行う予定です。

ワンマンツアー「生前葬」は残り2本、
2月25日大阪 堺FANDANGO
3月20日東京 新宿Marble
上記のみとなります。ご来場は4人の励みにもなりますので、是非、会いにきて頂ければ幸いです。

日頃より応援、ご愛聴頂いている皆様にご心配をおかけしてしまい申し訳ありません。
休止の延長、また活動の再開が早まることがあれば、再度ご報告させて頂きます。

少しの間、お時間を頂ければ幸いです。
どうか今後共、それでも世界が続くならの音楽を宜しくお願いします。

それでも世界が続くなら